「 鬱 」 一覧

やじるし屋聖書

絶望ってどういうもの?絶望から得られるものは?

絶望というのは たまたまエネルギーの循環が阻害されて ポジティブになるのがとても難しくなっている状態だと思います 阻害要因の質量によって 回復の難易度は変わってくると思います 絶望から得られるものです ...

やじるし屋聖書

同じ失敗をくり返すあなたへ

そもそも、それは失敗ではなく 自分がその状態を選んでいるだけなのかもしれません あなたが失敗と思っていることを くり返すことで 何を選んでいるのかを 明確化するといいかもしれません 同じ失敗を繰り返す ...

やじるし屋聖書

絶望がそこに佇んでいたとしても

絶望すると一時的にエネルギーが一気に消耗します ガソリンがない状態。 感情感覚がマヒしたり 動けなくなることもよくあります 思考もうまくできなくなるでしょう そんな時はまず寝逃げです たくさん寝てエネ ...

やじるし屋聖書

悲しみにくれる時は

悲しみをおさえつけると 心だけではなく 頭や体がダメージをうけます まず、 とことん悲しみつくす 悲しみのストレスをだす 声をだすというのは とてもよいことだと思います 思いを体から外へだす 表現する ...

やじるし屋聖書

激おこぷんぷん丸なワタシじゃダメかしら?

怒りは 自分の大切なポイントを明確にする わかりやすい目印です 怒りの底には 悲しみだったり愛だったりがある と言われています 何に対しての怒りなのか 何をほしかったのか 自分がどうしたかったのか 自 ...

やじるし屋聖書

優しい人ほど陥る罠

自分を愛することを最優先しないために おきてしまうことが罠になりがちです 自分のことを横において 他人のことばかり優先しすぎるから 他人にドアマットのような扱いをうけるのが あたり前になってしまいがち ...

やじるし屋聖書

まじめな人ほど陥る罠

「ねばならない・べき」など 硬直した思考をしやすい それが、罠になりやすい と外野からみていて感じます 自分への過剰な厳しさは 他人への狭量さになってしまいがちです 自分自身の想定外に対して 柔軟さを ...

やじるし屋聖書

一生許さなくてもノー問題

どうしても許せない気持ち、というお題をいただきました 許せないことがあってもよいのです 一生許さなくてもよいのです あなたが楽で幸せならば 何でもよいのです 許さなくていい・一生許さなくていいと一度思 ...

やじるし屋聖書

行動しない・叶えない、を選んでしまうワケ

「行動を妨げる言い訳」というお題をいただきました 行動を妨げるものとしては番多いのは 「変化への恐れ」です 「自己の能力への否定」を持っている場合も多いです 恐れと否定のストレスを まずはリセットしま ...

やじるし屋聖書

心配という名の呪い

こうなったら嫌だと感じることほど 強く思ってしまいやすいのは いきものが生き延びるために危機回避をするために正しいです 生き物として生き残るために正しいです とはいえ、人間として こうなったら嫌だなと ...

Copyright© やじるし屋 , 2018 All Rights Reserved.