お客様の声 タイムウェーバー にぎみたま

にぎみたまタイムウェーバー7日で人生の在り方が変わった@お客様からのレポ

投稿日:

私の単独セッションサポートを2か月、で下地を作ってからの、タイムウェーバー1回。

で、モラハラ・毒親トラウマ・セクハラトラウマの呪縛がとけて、自分世界が見え始めたリアルレポ。

昨日(day6)までと、今日(day7)では心身の様子が違って、少し戸惑っています.

11/25

day0 after TW

①高橋さんの、「まだ(過去に)こだわるの?」という言葉から、

自分が幸せになったら申し訳ない、という感情があることに気づいた。

 

②関西に花が咲いていること、関西には花が咲いていないと思っていたことに気づいた。

関西に住んでいたのは、まみさんに出会う前で、当時は心身に、過去への恨み怒り憎しみと未来への不安恐れが充満していたので、道端の花に気づいていなかったようです。

「いまに在る」ことで、気づきを得られ、内なる豊かさがわいてくる感じがしました。

 

11/26

day1

①高橋さんの、「まだ(過去に)こだわるの?」という言葉をふと思い出し、

「あ、この耳障りの良くない言葉は、ほかに選べる選択肢があるというのが前提での言葉だ。私は選べる。」

「今までは、過去とともに生きるのが当然かつ唯一の選択肢、と思っていたけれど、違う。

「自分は常に「いま」「この瞬間」にだけしか生きられない。自分が何か世界に対して意図を込められるのは、いつでも、いまこの瞬間だけだ(俯瞰している神様かだれかの目で見たら、時間の流れはあるけど、私は一般ピープルなので、いまにアクセスするしかない)」と気づく。

②夜寝る前30分、ヨガ、筋トレ、読書、瞑想をできた。瞑想しながら気持ちよく寝落ち。

(タイムウェーバー受ける数日前までは、寝れなくて、1時くらいまでスマホ見てた)

③なぜか野菜をたくさん食べるようになった。

○○県産のホウレンソウ、白菜、など。

 

11/27

day3

①朝、洗濯物干し・弁当作り・お茶つくり、が自然とできた。

今までは、親に、家事ができないからセクハラに遭うんだ!と怒られたり、洗濯物の干し方が悪いだけでハァ…だからあなたは…と言われたりで、「家事ができない私はクズだ。やらなければならない。しかししんどい。」と思っていたが、「スッキリしていないと気持ち悪い。気持ちよく過ごしたい。」という気持ちで自然とできた。

②母から、「パパ活とかしちゃだめよ。もう懲りたと思うけど」というLINEが来て、即ブロック。

そもそもパパ活ではなく立場を使ったセクハラだし、私さえ我慢すればという精神を教え込んだのは母親だろ、と気持ち悪くなった。

しかし、「いまに在る」「自分の中のエゴに気づいて観察する」感覚を教えてもらったおかげで、怒ってカッカした自分に気づくことができ、やけ食いやフラッシュバックではなく、イージーアップで対処できた。

 

11/28

day3

①朝7時にスッキリ目覚められ、出発前に洗濯物を干せた。

(今まで10時くらいまで寝てて、しかも布団から起きるのがしんどかった)

②帰宅後、身体がだるく、17時に寝落ちし、翌朝7時まで爆睡

 

11/29

day4

①朝7時にスッキリ目覚められ、筋トレができた。

②野菜たっぷりの鍋をおいしく食べられた。

③眠気がすごく、21時に寝落ちし、翌朝8時まで爆睡

 

11/30

day5

①高橋さんと真美さんにあうまでは、弁護士から進捗連絡が来たらフラッシュバックしてやけ食いしていたが、今回は、物語は発動せず、「うわ~宇宙に変なエネルギー流してはるわ。行動基準が美意識ではなく、世間からの評価で、行動に込めてる意図が保身だから、いつか宇宙から罰当たりそう~。○○に告発されるのを嫌がって必死になってて、恥ずかしっ。」とスルー出来た。

そのぶん、自分が行動に込める意図や自分の感情は、敏感に観察して、行動したり物語を作ったりするまえに気づけるようにしようと思った。

 

12/1

day6

①人間不信がなくなる

今までは、自分の周りに、甘言を弄してちやほやして支配する人、スポンサー権限で私を支配する人、人格否定してくる人(個別の注意ではなく)の3パターンしかいなかった。

自分も、諦めて波風立てないように迎合することだけが、唯一の手段だった。

 

しかし、高橋さんがめっちゃ耳の痛いことを言ってくれたり(自分を苦しめてるのは自分のこだわり、など)、まみさんがギャラなしで助太刀してくれたりという姿勢を見ていると、(同情ではなくあえて耳障りの悪いことを言うのは)相手に嫌われたり反発されるの覚悟で良い方向に向かえという意図でやってくれてたんだ、(モニターとして登録してくれたということは)相手を使い捨ての駒としてみていなくて、目の前の相手にいい方向に向かってほしいという意図を持ってるからなんだと気付く。

 

世の中、相手の顔色をうかがうため、とか、相手を支配し利用するため、を動機に動いている人ばかりではなくて、自分が大事にしたい美意識を大事に意図を込めて生きている人もいるという例を見せてもらった気がして、今までの自分の生き方が吐きそうなほど気持ち悪くなってきた。

 

②自分の身体が気持ち悪くなり、過去も恥ずかしくて情けなく感じはじめる。

(今までの、なんで私がこんな目に、という被害者意識とは全く違い、自分が恥ずかしいし、悔しい)

 

たとえば

 

・本当は嫌だという自分の感情を凍結させて、低い自尊感情の埋め合わせをするために加害者に迎合していた自分

(まみさんから周波数の話を聞いた後、そういえば、私は加害者と雑談してるときに、私はゴミなんです、って口癖のように言ってたなとを思い出しました。)

 

・自分で自分の心を満たせなかった自分

(他人からの評価=自分の価値、だった)

 

・人から良く思われたい、と思っていたナルシストな自分

(もう自分は、傷つけてきた相手に〇ね、とか思っちゃうくらい悪魔だと気付いたので、聖人君子や八方美人になろうとは思えないしなれない)

 

・自分がどうありたいか、自分は何を大事にしたいのか、が全く分からないまま一人目の弁護士さんのところに行って、弁護士さんに言われるがまま、お金だけで解決、口外禁止、という意味不明な合意書を結んでしまった自分

(まみさんや高橋さんと出会った今振り返ると、つらい状況の中でも、「いまに在る」こと、「現実を直視すること」「イージーアップでストレスを減らしてから、自分はどうしたいのか、何ができるのか、自分に聞いてみること」をあのころ出来ていたら違っただろうな、と思います。)

 

こういう過去の自分の弱さがじわじわ体内に出てきて、本当に気持ち悪いし、悔しいし、なぜか悲しいです。

ミミズが体の中を這ってるような感じです。

 

めっちゃ気持ち悪いのですが、ここで気持ち悪さに圧倒されたら、一人目の弁護士さんのところに行った時と同じだ、と思い、ひたすら「イージーアップ」「いまに在る」「思考が不幸な物語を作る前に、感情に気づき書き出す」「腹式呼吸」をしています。

 

week1 毎日現れた変化

①早寝早起きが自然にできるようになった

②スマホを見る時間が減り、五感が敏感に、今を生きる時間が長くなった

③糖質摂取とやけ食いがなくなり、自然と野菜や良質タンパク質を味わって食べるようになった。

④筋トレとヨガを自然と毎日するようになった

⑤掃除洗濯を自然にしたくなった(できない自分はクズだ、という考えがなくなり、気持ちよく過ごすためにやりたい、になった)

⑥人との会話を楽しめるようになった

(今までは警戒心のほうが強くて、笑えなかった)

⑦YesとNoがはっきりしてきた

(タイムウェーバー受けるまでは母親のLINEに返信できていたが、タイムウェーバーの翌日に自分は良い親だとうっとりしているようなLINEが来たとき、耐えられなくなって即ブロックした)

(糖質やジャンクフードを一切食べられなくなった)

⑧思考の主語と疑問詞が変わった。まみさんだったらどういう質問の仕方をするだろう、と考えるようになった。

(before)母親〇ね、加害者〇ね、もし~したらどうしよう

(after)私は何を美しいと感じる?私は何を大事に生きていきたい?何をどうすれば私は~できるだろう?

 

-お客様の声, タイムウェーバー, にぎみたま
-, , , , ,

Copyright© やじるし屋 , 2021 All Rights Reserved.